避妊薬として知られているピルの代名詞的存在のトリキュラーですが、避妊以外にも得られる嬉しい効果があることをご存知でしたか?そんなトリキュラーの知られざる部分を徹底解明していきたいと思います。

トリキュラーを紹介する女性

28日かけて服用するピルとは?しびれなど副作用も?

避妊薬として人気の高いピルですが、国内で主に取り扱っているものには21日用と28日用の2種類が存在することをご存知でしょうか。もともとピルは、女性の月経周期に合わせて飲むのが理想的だとされています。平均的な月経周期は28日間であるため、1日1錠服用する28錠入りのものを使用するケースが多いのですが、実はそのうちの7錠はホルモンが配合されていない偽薬なのです。

ピルは女性ホルモンに影響を与える成分が1錠ごとに配合されており、毎日決まった時間に飲むことで血中濃度を維持して避妊効果を得ることができます。21錠入りの場合は全てのみ終わると7日間服用をお休みします。この服用を休んでいる期間内に生理が始まるので、その時点で新しいシートを服用し始めます。服用していない期間は薬によるホルモンのコントロールを受けないため、卵胞は通常通り成長して排卵の準備をしています。このため、新しいシートを飲み始めるのが遅れると排卵が行われてしまい、避妊が間に合わないこともあるので注意が必要です。28錠入りの場合、成分自体は21錠入りと全く同じなのですが、休薬期間があると新しいシートに移った際に飲み忘れる人が多いため、それを避けて薬を服用する習慣を継続させるために7日間分の偽薬が含まれているのです。飲み忘れやすい人や、ピルを初めて使う人などはこちらが勧められています。

いずれも効果に違いは無く、副作用も同じように発生するリスクがあります。最もよく見られる副作用としては、胃の不快感や吐き気の他に、手足の軽いしびれなども挙げられます。通常は服用を継続していくうちに消失していく症状ですが、何ヶ月経っても副作用を感じる場合は服用を中止して医師に相談するようにしましょう。