避妊薬として知られているピルの代名詞的存在のトリキュラーですが、避妊以外にも得られる嬉しい効果があることをご存知でしたか?そんなトリキュラーの知られざる部分を徹底解明していきたいと思います。

トリキュラーを紹介する女性

黄体期を保った状態にしている超低用量ピルのヤーズ

ピルには様々な種類がありますが、その中でもヤーズは超低用量ピルとして認知されている経口避妊薬です。

通常、ピルには黄体期に分泌が盛んになるプロゲステロンと卵胞期に分泌が活発になるエストロゲンの両方が含まれていますが、ヤーズはその中でもエストロゲンの配合量が最も少ないとされています。

ピルの中でも第四世代であるヤーズは、ドロスピレノンという黄体ホルモンを使用して作られているピルであり、その他のピルが体を妊娠させた状態にして避妊効果を得ているのに対し、ヤーズは排卵が終わった状態を常にキープし続けることで避妊効果を得ていると考えてよいでしょう。

また、従来のものよりも男性ホルモン様作用が低いことと副作用が出にくいことから避妊効果だけでなくニキビ治療や月経困難症などの治療にも使用されることが多いです。

特に、ニキビや吹き出物ができやすい理由の一つにホルモンバランスが安定していないことがありますので、ヤーズを服用することでホルモンバランスが正常になりニキビなどを改善につながるとされているのです。

ヤーズは1相性性のピルであり、飲み忘れができない3相性のピルと違って28日分の錠剤にはすべて同じ量のホルモンが配合されていますので一度飲み忘れてもその後正しく服用することができれば避妊効果が得られないことはないとされています。

ただ、その人の体質によっては合わずに副作用が強く出ることもあります。

副作用としては吐き気や頭痛、嘔吐などの症状が出ることがあり薬に慣れてくれば徐々に落ち着いてくることもありますが、いつまでたっても症状が改善されない場合には処方してもらった医療機関に相談して薬の種類を変えてもらうのが良いかもしれません。

体質に合うのなら副作用が少ないヤーズは非常に活用しやすいものなので、月経困難症やニキビがひどいなどの症状で悩んでいる人は体の不調を改善するのに一度服用してみることをおすすめします。